カテゴリ:バレエ( 8 )

こんばんは。
寒いです( ̄ー ̄)

所長は先日、順位を着けないバレエ・コンペティションと言うものを観に行きました。

観てるだけでしたが、百何十人もエントリーしているので、正直疲れました。
同じ演目が続くと『あれ?さっきもこの人出たよね⁉』って幻覚のように見えました。


学年別に部門が3つに別れているのですが、低学年の出場者で少し気になった事があったので、一応、プロの目線でお話ししたいと思います。

ちょっと辛口ですが・・・( ´;゚;∀;゚;)




○演目と本人に衣装とティアラが合ってない(使い回し感アリ)

○ティアラがデカイ(流行りなのか前横後ゴテゴテ付けすぎ)


百何人いるなかで、マッチしてる人は10人いるかどうかでした・・。



e0348952_19272468.jpg

バランス悪すぎ・・・。
でも、いるわ(´∀`;)バリ舞踊みたいな子。


趣味で、好きな衣装と豪華なティアラを着けたかった・・と言うのならまったく問題無いです。

しかし、将来バレエの世界を目指す為にコンクールに出るのなら、自分の強みになる衣装とティアラを選ぶ必要はあると思います。


所長が低学年の方にティアラをお作りする際、高さはMAX3.5センチまでにしています。

大人でも、5センチ前後です。

当たり前の事ですが、ティアラの面積が多いと頭は大きく見え、頭部に視線が集中します。



◎身体がまだ小さくて細く、頭が大きい等身の場合



プリンセスタイプや高さのあまり無いカチューシャタイプがオススメ。

e0348952_21000828.jpg
プリンセスタイプ



e0348952_21014051.jpg
カチューシャタイプ(2連)
これはオーダーモノでゴージャスなので参考にはなりませんが高さは抑えてあります。




逆に避けた方が良いデザインは・・・。


e0348952_21101031.jpg
高さとボリュームがあるデザイン


e0348952_21134664.jpg
なんやかんや着いてるやつ



e0348952_21141851.jpg
ポイントが後ろにあり前飾りが長いデザイン(低学年で小柄な方が着けると頭が大きく見えます)



一概には言えませんが、低学年の方たちは着飾るよりシンプルな方が感じは良いと思います。


では、よしなに。


っつっても、おシャンティな衣装着たいよね♥的な所長のHPはこちらから↓↓↓


ティアラのオーダーやご相談はこちらから↓↓↓
taimanoma@yahoo.co.jp


e0348952_16054670.jpg




[PR]
by tanidac | 2017-02-13 21:31 | バレエ | Comments(0)


 あっという間に今年もあとわずか( ´;゚;∀;゚;)

おっしょさんも全力疾走ですね(←師走)。

皆様も、お忙しい事と思いますが、身体には
くれぐれも気を付けて12月を楽しんでくださいね。



 以前よりお伝えしておりますように、TANIDA.CROWN.LABは、本日12月3日に東京・かめありリリオホールにて開催される『マダムバレエグランプリ2016』に副賞品贈呈協賛しております。

当LABのティアラは、バリエーション部門A・金賞、ランウェイ部門・金賞、キングオブマダム賞を受賞した方々に贈呈されます。




e0348952_08575452.jpg



コンクール協賛は初めてでしたので、分からないことも多く、担当の松山さんにはご苦労をお掛けした事と思います。ありがとうございました。


しかし、大人になってもひとつのことに目標を定め、それに向かって突き進む方たちのティアラを作るのは本当に楽しかったです♪


また、普段はオーダーメイドを主にしておりますので、その『人』の有益になるように作っていますが、今回はグランプリにかける『気持ち』や『夢』に対して製作出来た事はとても新鮮でした。


このような素敵な会に微力ながらお手伝い出来た事、ご縁を頂けたことを感謝しています。


出場されるオトナリーナの皆さま、ご来場の皆さま、本日はおめでとうございます(=゚ω゚)ノ


では、よしなに。


なんやかんや品良い感じに仕上げましたが、所長は今、愛犬をお股に挟んでblog書いてますよ~( ´∀`)アッタカイ

そんなお股犬所長のHPはこちらから





[PR]
by tanidac | 2016-12-03 09:14 | バレエ | Comments(0)

こんばんは。


前回、キラキラバレエblog(!?)に、まさかの加藤鷹氏が登場したので、普段バレエに馴染みのない方も多く閲覧してくれたみたいですね(´∀`)ウフフ


そんなバレエ初体験のみなさまにも、解りやすいように名作古典バレエのストーリーをご紹介致します。

①の時と同様に、あくまでも所長の見解ですので、他の大人に言っちゃダメですよ~。




『ドン・キホーテ』・・・ちょいボケじじいの珍道中 with肉食系カップル。 





『海賊』・・・王様のハーレムで美女鑑賞→なぜか紳士なマッチョ海賊が美女を拐う話(池田理代子の漫画にありがちなパターン)。





『ラ・シルフィード』・・・ちょっと結婚前にハメ外したら、どえらいことになる話。





『ライモンダ』・・・とにかく勝ち組女のイケ好かない話。





いかがでしょうか?

古典バレエと言えども、なかなかに泥臭い内容ではないでしょうか。

ライモンダについては、ほぼ所長の妬みになっております…(´д`|||)


では、よしなに。



美人で実はエエとこの生まれで、彼氏はかっこええは、よその王子からの求婚は断るは…( ´∀`)ホウな、ライモンダにピッタリのティアラはこちらから。







[PR]
by tanidac | 2016-03-13 21:22 | バレエ | Comments(0)

 海老蔵さん並に更新してみました(о´∀`о)



よく、バレエと言うと「お高くとまってる」だの、「話が難しそう」という意見を聞くことがあります。


そんな方のために、所長がザックリ名作バレエのストーリーをご紹介致します。



『白鳥の湖』・・・白鳥に姿を変えられた女が「男ってどうしょうもねえな」と、悟る話(←別バージョンあり)




『くるみ割り人形』・・・うたた寝中の少女の夢を2・3時間見させられる話




『眠れる森の美女』・・・人の言うこと聞かない女と、死体愛好家の男の話




『ジゼル』・・・超恋愛体質でお人好しの話




『コッペリア』・・・彼女よりフィギュアにハマる話




どうでしょう?少し身近に感じられたでしょうか?


あくまで所長の見解ですので、他所の大人に言っちゃダメですよ。


名作バレエも、よくよく考えると突っ込みどころ満載デス(^.^)


所長は、年々白鳥の湖が好きになってきました。

単純な話こそ深いんですよ~。王子がダメダメなんです。


では、よしなに。



TANIDA.CROWN.LABのホームページはこちらから








[PR]
by tanidac | 2015-10-05 23:58 | バレエ | Comments(0)

舞台で踊るということ


バレエを習い始めると、切っても切れないのが舞台です。

所長の初舞台は5歳だったと記憶しています。

お化粧がかゆくてたまらなかったこと、照明が眩しかったこと・・・。
初めての『世界』にとまどったことを覚えています。

でも、いつの間にかその『世界』が大好きになりました。
暗い舞台裏から眩しい表舞台に飛び出していく瞬間、身体中がよろこんでいるのが分かりました。

衣装や、メイク、照明・音響、ホールの職員さんetc・・・すべての人の時間が、舞台に上がる人たちのために費やされます。
観に来てくれるお客様の時間も、舞台に上がる人たちのために費やされます。

所長は、ずっと昔、練習不足で舞台に上がったことがあります。
遊ぶのが楽しくてお稽古を怠けてました。
案の定、踊れなくて無様だわ、ケガするわで最悪でした。

本当に後悔しました。舞台に真摯に向き合わなかったことを。

そんな所長なので、偉そうなことは言えませんが、今、頑張っている人たちの応援が出来るよう、日々、トンカチ振ってまーす(_ _)p

画像はいつもお世話になっているN先生です。
素敵にライモンダのティアラを付けて下さってます。こういう完成形は、裏方の人間の大好物です( ´∀`)


e0348952_17173023.jpg



e0348952_12274090.jpg

なんか、イイですね~。


では、よしなに。

TANIDA.CROWN.LAB



[PR]
by tanidac | 2015-06-25 17:34 | バレエ | Comments(0)

さて、今回は前回に引き続き軽銀ティアラについてお話したいと思います。
まずは、メリットから・・・


①とにかく軽い・・・アルミで出来ているのでストーンをたくさん付けても見た目より物凄く軽い。

②金属製でありながら軟らかいのでフィットしやすい・・・真鍮製のティアラは硬くて頭の形に合わせることが難しいが、アルミなのでゆっくりじんわり曲げると、フィットします。

③ある程度の変形なら、簡単に直せる・・・②のように、ゆっくり曲げれば戻すことが出来ます。激しく損傷している場合は難しいです。

④軽銀線が切れても、補修できる(限界はあります)・・・カシメという小さなアルミ板でつなぎます(画像の長方形のものがカシメです)。

⑤万が一、舞台上で線が切れても目立たない・・・金属製なので、例え切れたとしてもブラブラしません。

⑥デザインにあまり制約が無い・・・一応、金属製なので細かいデザインや高さのあるデザインもダレることなく可能です。
e0348952_16455059.jpg
そして、本当は言いたくないデメリット・・・

①舞台用に考案された手法なので、近くで見ることにあまり向いていない・・・ブライダルや七五三など、かなり接写する場合は真鍮でメッキ加工されたティアラの方がキレイです(しかし、当ラボではブライダル用や舞台以外の販売実績もあります、ウフ)。

②軽量なアルミで出来ているため、落下や投げる(あんまりないと思うけど・・)等、強い力が加わると変形する・・・軽量であるがゆえの欠点ですが、通常の使用範囲内であれば問題ないと思われます。


うーん、どちらもどちらであるが故って感じですね。
重量などはこちらのHPから確認していただけます。HPの画像をクリックすると詳細が確認できます。

では、よしなに。




[PR]
by tanidac | 2015-06-23 17:24 | バレエ | Comments(0)

軽銀ティアラって?

『軽銀ティアラ』

聞き慣れない言葉だと思います。
所長も最初彫金ティアラだと思ってました( ; ゜Д゜)

大阪の石田コスチュームという舞台衣装専門の会社が考案した手法です。

簡単に説明しますと、アルミのワイヤーを撚ってパーツを作り、トンカチで叩いてカシメで固定(←本当にざっくり)。

しかし、この技術を習得して、製作販売出来る人はかなり少ないです。

なぜなら…

①日本ではバレエティアラはビーズを使った物が多く、金属製のオーダーメイドティアラの存在自体を知っている人が少ない。

②本家の石田コスチュームの軽銀細工士養成講座が現在休止中(←わぉ)。

③新しい手法なので、技術が成熟仕切っていない。

などなど様々な要因があります。

③に関しては、時間と共に向上していくのは明白でありますが、②はいけませんねぇ。
所長は一応、資格取得していますが、協会からのアフターフォローも無いので、自力で同士を探し出し、あれやこれやと相談しています。

e0348952_10283051.jpg

画像は、クリスマスオーナメントを作成した時の物です。
ティアラもこんな感じで製作します。

次回は、軽銀ティアラのメリット・デメリットをお送りしたいと思います。

それでは、よしなに。

TANIDA.CROWN.LABはこちらから






[PR]
by tanidac | 2015-06-23 11:04 | バレエ | Comments(0)

ブログ始めました。

はじめまして。
オリジナル・オーダーメイドティアラショップ「TANIDA.CROWN.LAB」所長のタニダです。
ブログの名前に深い意味はありません。
(ちなみに所長のわきはサラッサラです。)

あまり長い文章は得意でないので、短く簡潔に書いていけたら、と思っています。

簡単に自己紹介。

タニダ所長:西暦1000年代生まれ。女性。既婚。
      趣味は神社仏閣巡り、読書。
      特技は活きの良い魚を見分けられる。
      そして捌く。 

こんな尼か漁師みたいなオンナが、ティアラショップ??
と、お思いになるかも知れません。

いえ、幼少からバレエやお茶をたしなんだり、結構フワッとガールなんですよ。

このブログでは、ティアラについてや、所長の日々のことなどぼちぼち綴って行きたいと思っています。

e0348952_11312122.jpg


よしなに。

TANIDA.CROWN.LAB
HP: http://tanida.stores.jp



[PR]
by tanidac | 2015-06-22 13:10 | バレエ | Comments(0)