<   2015年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

新作のご紹介

 
 今回は新作をご紹介いたします。




e0348952_15155119.jpg
バレエ フェロニエール ドロップ  3,000円


パッと見、ネックレスと思われるかも知れませんが、これはティアラをカスタマイズするためのフェロニエール(額飾り)です。



TANIDA.CROWN.LABには、『カスタム・パーツ』ページがあります。



手持ちのティアラだとちょっと寂しい…、バリエーションを増やしたいけど…。


そんな時にご使用いただくのが『カスタムパーツ』です。



Before



e0348952_15295642.jpg



After




e0348952_15160068.jpg


ありゃー!!

これは華やかに!!(←わざとらしい…)




他にも



Before

e0348952_15323134.jpg


After


e0348952_15325911.jpg


同じティアラ、同じマネキンなのに、雰囲気まで変わりましたね。



少し足しただけなのに( ; ゜Д゜)


フォルムというのは、全体の印象まで変えることが出来ます。


とても大切です。



今後、襟足飾りも製作予定です。



カスタムパーツはこちらから



では、よしなに。



[PR]
by tanidac | 2015-06-30 15:47 | 軽銀ティアラ | Comments(0)

大人の女性は本を読む


 前回は、なんともしょっぱい気持ちでお送りしましたので、今回は爽やかに『TANIDA.CROWN.LAB』の知られざる売れ筋商品をご紹介いたしまーす。



HPには掲載していないのですが、口コミや、商品をお取り扱い頂いているオーガニックペンションnoahさんでご好評(?)いただいています。



それは…


e0348952_11094475.jpg


ブックマーカー(しおり)です。



e0348952_11111747.jpg



e0348952_11291006.jpg


ティアラ屋のブックマーカーなのでキラッキラです。



このキラキラマーカーを、読書好きのわりと年配の女性がお求めになられることが多いようです。



電車の中でスマホをいじってる女性の口は、だいたい半開きですが(←偏見?)、読書している女性であほ面は見たことがありません。



こんなブックマーカーを刺してる女性が電車に居たら、物凄くちゃんとした人なんだろうなぁ、と思ってしまいます。



あれですね、『女子力』。




実際、若い女性より、自分の母親世代(50~60代)の女性の方が、女子力高めと思われます。



○ハンカチを持っている(←しかも用途によって使い分ける)。



○写真を撮るときは、キレイに見えるように足を斜めにする(←小首を傾げるのはセット)。



○保存食作りに余念がない(←女子の鏡)。



そして何より、彼女たちは『本』を読む。



電子書籍も便利で良いのですが、やはり『本』を読む姿は電子書籍をめくる姿とは趣が違います。



TANIDA.CROWN.LABでは、オーダーメイドのブックマーカーのご注文も受け付けております。


私はこの色が好き。猫をモチーフに。あの人はこんな感じ・・・。



案外、贈っても、贈られても、賢げに見える物って少ないです。



ご注文はこちらから。


(※画面左下のメールマークからどうぞ)


価格は1本、1500~1800円です。



では、よしなに。




[PR]
by tanidac | 2015-06-29 12:24 | ティアラ以外の商品 | Comments(0)

何て日だっ!!

 
 今日は所長、テンションダダ下がりです…。


朝イチ、板場ですっ転んで両脛を強打。→青アザ出来る。



その衝撃で、治まっていた腕の痺れが再発。→温めると楽に。



その関係なのか、腕に変なこぶが出来る。→何じゃこりゃ!?



よかれと思って手伝った事が、揉めに揉める。→私の常識はあなたの非常識!?



ふー。

そんな日もありますね。



どうか、明日は穏やかでありますように。


おお、穏やかと言えば…


e0348952_23450498.jpg

では、よしなに。

[PR]
by tanidac | 2015-06-28 23:45 | 日常 | Comments(0)

ものづくりの糧


 モノを作る人間は、美しいモノ・古いモノ・新しいモノ・自然のモノ…
とにかく心が動かされるモノをたくさん見る必要があると思います。

今回は、所長の心動かされるモノーズをご紹介いたします。


まずは…



e0348952_20590146.jpg

素晴らしいフォルムですね。言わずもがな、餅入りどらです。

芸術です。うっとりします。




続いて…



e0348952_21253530.jpg

これぞ、パーフェクトフォルム!!

問答無用のおまんじゅうです。



そして…



e0348952_21010262.jpg


こ、これは神々しい!

3Dプリンターで製作された『如来』像です。



お次は…



e0348952_21031810.jpg


所長のバイブル『オールドノリタケ名品集』です。




そしてラストを飾るのは…



e0348952_21175920.jpg


所長の大好きな芍薬の花です。

華やかですね~。



心動かされるモノをたくさん見て、触って、心の糧をいっぱいにしています。

何気ないモノに心動かされるようになると、世界はたまらなく美しく見えてきます。


最近、所長のお気に入りシーンは、近くの川原で繰り広げられる壮絶な『川鵜と鷺の合コン』です。



では、よしなに。



[PR]
by tanidac | 2015-06-27 21:34 | その他 | Comments(0)

わんこのティアラ


 所長は犬を飼っています。
Mダックスフンドのペス男です。

ペス男とは、6年前ペットショップで出会ったのですが、展示期間ギリギリの月齢でした(←我が家では大学院卒と呼んでいる)。

実家で犬を飼ったことはありましたが、飼い主としては初めてでした。
ペットショップの隣のお好み焼き屋で、夫と食事をしながら連れて帰るか相談したのですが、命の責任を負う+早く決めないと店閉まる、と言うプレッシャーでテンパリ過ぎて、豚モチーズ焼きの味がまったくわかりませんでした・・・。

しかしまあ、飼ってみると可愛いもんですね。

あまりにもハマり過ぎて、『ペス男の歌ーズ』というオリジナルソングを軽く20曲は作りました。
歌詞は「ペス男のえがーおをー みんなに 届けたいー」的なのばっかりです・・・。

ええ、ただの愛犬家の延長で『わんこのティアラ』なる物を作りました。

これは、サイズをぐっと小さくしているだけなので、基本的に人間用のティアラと素材は一緒です。
アルミ・樹脂塗料・樹脂接着剤・スワロフスキーです。
ですので、飼い主様の目の届かないところでの使用は、誤飲・ケガの原因となりますのでご注意頂きたいです。

飼い主様の結婚式で、わんことお揃いのティアラを付けても可愛いです。
お誕生のお祝いでも良い記念になると思います。
もちろん、にゃんこちゃんでもぶたちゃんでも可愛いですね。

それでは、よしなに。

e0348952_23095849.jpg



e0348952_12324675.jpg
画像は、何か頭に載せられてキョトン顔のペス男さんと、お誕生日のオーダーで製作した『CHALO』ちゃんティアラ(ちゃんとデザインが「CHALO」になってるんですよ)です。



わんこのティアラはこちらから


[PR]
by tanidac | 2015-06-26 23:50 | その他 | Comments(0)

舞台で踊るということ


バレエを習い始めると、切っても切れないのが舞台です。

所長の初舞台は5歳だったと記憶しています。

お化粧がかゆくてたまらなかったこと、照明が眩しかったこと・・・。
初めての『世界』にとまどったことを覚えています。

でも、いつの間にかその『世界』が大好きになりました。
暗い舞台裏から眩しい表舞台に飛び出していく瞬間、身体中がよろこんでいるのが分かりました。

衣装や、メイク、照明・音響、ホールの職員さんetc・・・すべての人の時間が、舞台に上がる人たちのために費やされます。
観に来てくれるお客様の時間も、舞台に上がる人たちのために費やされます。

所長は、ずっと昔、練習不足で舞台に上がったことがあります。
遊ぶのが楽しくてお稽古を怠けてました。
案の定、踊れなくて無様だわ、ケガするわで最悪でした。

本当に後悔しました。舞台に真摯に向き合わなかったことを。

そんな所長なので、偉そうなことは言えませんが、今、頑張っている人たちの応援が出来るよう、日々、トンカチ振ってまーす(_ _)p

画像はいつもお世話になっているN先生です。
素敵にライモンダのティアラを付けて下さってます。こういう完成形は、裏方の人間の大好物です( ´∀`)


e0348952_17173023.jpg



e0348952_12274090.jpg

なんか、イイですね~。


では、よしなに。

TANIDA.CROWN.LAB



[PR]
by tanidac | 2015-06-25 17:34 | バレエ | Comments(0)

男のティアラ

最近では、日本でも男性バレエダンサーの活躍が、普通にテレビやネットで見ることが出来るようになりましたね。

所長が現役だった頃は、テレビに男性のバレエダンサーが出ることなんてありませんでした。
ほんの一握りのバレエ雑誌や芸術番組でしか、舞台以外に彼らの存在を知る術は無かったです。

所長は高校生の頃、現在Kバレエカンパニーの芸術監督:熊川哲也さんのファンでした。
当時の熊川さんは英国ロイヤルバレエ団のファーストソリストでした。ドン・キホーテに海賊、真夏の夜の夢・・・。
現在のバレエ男子の祖、とも言える大活躍でしたね・・・(遠い目)。
その当時、実際に何度かお見かけしたことがありましたが、もんの凄いオーラとアクの強さでした。

バレエ、と言われて思い浮かぶのは、だいたい女性の華やかさだと思うのですが、所長は男性ダンサーこそ重要と思っております。
ダイナミックな跳躍、男性にしか出せない雄大さは、実際に見ると同じ人間とは思えないものがあります。
そして、控えめだけれど、女性を美しくサポートできる男性ダンサーも、本当に素晴らしいです。

素晴らしいのです。とっても素晴らしいのです・・・が・・・

所長は思うのです。

もうちょっと男性ダンサーの衣装は何とかならんのか、と。

近頃は、「もっこり」が目立ちにくい衣装や気合の入った衣装を見ることも増えましたが、女性の衣装の変遷には到底敵っていないと思われます。

その中でも、所長は頭。頭がさみしいです。
上着とのバランスが変なんですよね(←下とのバランスも変だけどね)。

基本、男性ダンサーはエキゾチックな役やキャラクテールのような個性的な役しか頭飾りを付けないように見受けます。

ここを、所長は変えていきたいと思っています。

女性をサポートする時、衣装に引っかかったりしてはいけませんが、王子なんだから、頭も王子しようゼ。と。

これから『TANIDA.CROWN.LAB』は輝くバレエ男子を応援します。

という事で、ただいま王子のサークレット(額飾り)を考案中。乞うご期待ザマス。

では、よしなに。


エキゾチックな男性向ターバン飾りはこちらから。e0348952_12392040.jpg
[PR]
by tanidac | 2015-06-24 12:33 | バレエ男子 | Comments(0)

さて、今回は前回に引き続き軽銀ティアラについてお話したいと思います。
まずは、メリットから・・・


①とにかく軽い・・・アルミで出来ているのでストーンをたくさん付けても見た目より物凄く軽い。

②金属製でありながら軟らかいのでフィットしやすい・・・真鍮製のティアラは硬くて頭の形に合わせることが難しいが、アルミなのでゆっくりじんわり曲げると、フィットします。

③ある程度の変形なら、簡単に直せる・・・②のように、ゆっくり曲げれば戻すことが出来ます。激しく損傷している場合は難しいです。

④軽銀線が切れても、補修できる(限界はあります)・・・カシメという小さなアルミ板でつなぎます(画像の長方形のものがカシメです)。

⑤万が一、舞台上で線が切れても目立たない・・・金属製なので、例え切れたとしてもブラブラしません。

⑥デザインにあまり制約が無い・・・一応、金属製なので細かいデザインや高さのあるデザインもダレることなく可能です。
e0348952_16455059.jpg
そして、本当は言いたくないデメリット・・・

①舞台用に考案された手法なので、近くで見ることにあまり向いていない・・・ブライダルや七五三など、かなり接写する場合は真鍮でメッキ加工されたティアラの方がキレイです(しかし、当ラボではブライダル用や舞台以外の販売実績もあります、ウフ)。

②軽量なアルミで出来ているため、落下や投げる(あんまりないと思うけど・・)等、強い力が加わると変形する・・・軽量であるがゆえの欠点ですが、通常の使用範囲内であれば問題ないと思われます。


うーん、どちらもどちらであるが故って感じですね。
重量などはこちらのHPから確認していただけます。HPの画像をクリックすると詳細が確認できます。

では、よしなに。




[PR]
by tanidac | 2015-06-23 17:24 | バレエ | Comments(0)

軽銀ティアラって?

『軽銀ティアラ』

聞き慣れない言葉だと思います。
所長も最初彫金ティアラだと思ってました( ; ゜Д゜)

大阪の石田コスチュームという舞台衣装専門の会社が考案した手法です。

簡単に説明しますと、アルミのワイヤーを撚ってパーツを作り、トンカチで叩いてカシメで固定(←本当にざっくり)。

しかし、この技術を習得して、製作販売出来る人はかなり少ないです。

なぜなら…

①日本ではバレエティアラはビーズを使った物が多く、金属製のオーダーメイドティアラの存在自体を知っている人が少ない。

②本家の石田コスチュームの軽銀細工士養成講座が現在休止中(←わぉ)。

③新しい手法なので、技術が成熟仕切っていない。

などなど様々な要因があります。

③に関しては、時間と共に向上していくのは明白でありますが、②はいけませんねぇ。
所長は一応、資格取得していますが、協会からのアフターフォローも無いので、自力で同士を探し出し、あれやこれやと相談しています。

e0348952_10283051.jpg

画像は、クリスマスオーナメントを作成した時の物です。
ティアラもこんな感じで製作します。

次回は、軽銀ティアラのメリット・デメリットをお送りしたいと思います。

それでは、よしなに。

TANIDA.CROWN.LABはこちらから






[PR]
by tanidac | 2015-06-23 11:04 | バレエ | Comments(0)

ブログ始めました。

はじめまして。
オリジナル・オーダーメイドティアラショップ「TANIDA.CROWN.LAB」所長のタニダです。
ブログの名前に深い意味はありません。
(ちなみに所長のわきはサラッサラです。)

あまり長い文章は得意でないので、短く簡潔に書いていけたら、と思っています。

簡単に自己紹介。

タニダ所長:西暦1000年代生まれ。女性。既婚。
      趣味は神社仏閣巡り、読書。
      特技は活きの良い魚を見分けられる。
      そして捌く。 

こんな尼か漁師みたいなオンナが、ティアラショップ??
と、お思いになるかも知れません。

いえ、幼少からバレエやお茶をたしなんだり、結構フワッとガールなんですよ。

このブログでは、ティアラについてや、所長の日々のことなどぼちぼち綴って行きたいと思っています。

e0348952_11312122.jpg


よしなに。

TANIDA.CROWN.LAB
HP: http://tanida.stores.jp



[PR]
by tanidac | 2015-06-22 13:10 | バレエ | Comments(0)