さて、今回は前回に引き続き軽銀ティアラについてお話したいと思います。
まずは、メリットから・・・


①とにかく軽い・・・アルミで出来ているのでストーンをたくさん付けても見た目より物凄く軽い。

②金属製でありながら軟らかいのでフィットしやすい・・・真鍮製のティアラは硬くて頭の形に合わせることが難しいが、アルミなのでゆっくりじんわり曲げると、フィットします。

③ある程度の変形なら、簡単に直せる・・・②のように、ゆっくり曲げれば戻すことが出来ます。激しく損傷している場合は難しいです。

④軽銀線が切れても、補修できる(限界はあります)・・・カシメという小さなアルミ板でつなぎます(画像の長方形のものがカシメです)。

⑤万が一、舞台上で線が切れても目立たない・・・金属製なので、例え切れたとしてもブラブラしません。

⑥デザインにあまり制約が無い・・・一応、金属製なので細かいデザインや高さのあるデザインもダレることなく可能です。
e0348952_16455059.jpg
そして、本当は言いたくないデメリット・・・

①舞台用に考案された手法なので、近くで見ることにあまり向いていない・・・ブライダルや七五三など、かなり接写する場合は真鍮でメッキ加工されたティアラの方がキレイです(しかし、当ラボではブライダル用や舞台以外の販売実績もあります、ウフ)。

②軽量なアルミで出来ているため、落下や投げる(あんまりないと思うけど・・)等、強い力が加わると変形する・・・軽量であるがゆえの欠点ですが、通常の使用範囲内であれば問題ないと思われます。


うーん、どちらもどちらであるが故って感じですね。
重量などはこちらのHPから確認していただけます。HPの画像をクリックすると詳細が確認できます。

では、よしなに。




[PR]
# by tanidac | 2015-06-23 17:24 | バレエ | Comments(0)

軽銀ティアラって?

『軽銀ティアラ』

聞き慣れない言葉だと思います。
所長も最初彫金ティアラだと思ってました( ; ゜Д゜)

大阪の石田コスチュームという舞台衣装専門の会社が考案した手法です。

簡単に説明しますと、アルミのワイヤーを撚ってパーツを作り、トンカチで叩いてカシメで固定(←本当にざっくり)。

しかし、この技術を習得して、製作販売出来る人はかなり少ないです。

なぜなら…

①日本ではバレエティアラはビーズを使った物が多く、金属製のオーダーメイドティアラの存在自体を知っている人が少ない。

②本家の石田コスチュームの軽銀細工士養成講座が現在休止中(←わぉ)。

③新しい手法なので、技術が成熟仕切っていない。

などなど様々な要因があります。

③に関しては、時間と共に向上していくのは明白でありますが、②はいけませんねぇ。
所長は一応、資格取得していますが、協会からのアフターフォローも無いので、自力で同士を探し出し、あれやこれやと相談しています。

e0348952_10283051.jpg

画像は、クリスマスオーナメントを作成した時の物です。
ティアラもこんな感じで製作します。

次回は、軽銀ティアラのメリット・デメリットをお送りしたいと思います。

それでは、よしなに。

TANIDA.CROWN.LABはこちらから






[PR]
# by tanidac | 2015-06-23 11:04 | バレエ | Comments(0)

ブログ始めました。

はじめまして。
オリジナル・オーダーメイドティアラショップ「TANIDA.CROWN.LAB」所長のタニダです。
ブログの名前に深い意味はありません。
(ちなみに所長のわきはサラッサラです。)

あまり長い文章は得意でないので、短く簡潔に書いていけたら、と思っています。

簡単に自己紹介。

タニダ所長:西暦1000年代生まれ。女性。既婚。
      趣味は神社仏閣巡り、読書。
      特技は活きの良い魚を見分けられる。
      そして捌く。 

こんな尼か漁師みたいなオンナが、ティアラショップ??
と、お思いになるかも知れません。

いえ、幼少からバレエやお茶をたしなんだり、結構フワッとガールなんですよ。

このブログでは、ティアラについてや、所長の日々のことなどぼちぼち綴って行きたいと思っています。

e0348952_11312122.jpg


よしなに。

TANIDA.CROWN.LAB
HP: http://tanida.stores.jp



[PR]
# by tanidac | 2015-06-22 13:10 | バレエ | Comments(0)